チコの満たされ研究所

食べること、おでかけ、インテリアなどなど、満足感を求めて日々奔走

ヘッドライトが重要な理由。両手が使えないと意味がない!?子供の手を取り守りましょう

我が家では、家のあらゆるところに、LEDライトをおいています。

100均で買いそろえたものです。

これは、プッシュ式なので、押せば点灯するタイプで、玄関や、クローゼットの暗いところを照らすので、重宝しています。

 ライトを探す時間を省きましょう

f:id:chikoken:20190306220807j:plain

100均で買ったライトです。

玄関、各部屋に置いてます。安いからこそ出来る技ですね。

常日頃、どこにライトがあるかわかっておきたかったので、探さずに済むように、

日常的に使うようにして、確実にライトの置き場所を把握しておきます。

日々の生活にプラスして、しまいこまないようにしてます。

足元においておけば、これは、プッシュ式なので、足でふむだけで、オン、オフの切り替えができるので、とっても便利なんです。

 

 使い勝手を求めて

しかし、置き型タイプだと、いざ、という時には、両手が使えないと不便極まりないこと。。。

この前の停電で実感しました。

 置き型だと、照らせる範囲が限られていますし、狙いが定まりません。

そこで、いろいろと、研究しリサーチをして、

ヨドバシカメラで購入してきました。

私が購入したタイプは頭に付ける、ヘッドライトなので、視線の先が常に明りに照らされているんです。

洗濯ものを取り入れる際にも両手が使えますし、不便がない!

実際に使ってみると、ほんと感動するレベルで便利な道具なんです。

 

もし、避難しなければいけない時には、子供たちと手をつないがなければいけません。

そんな時、このヘッドライトがあれば、両手が使えるので、安全に子供たちを誘導できます。

子供たちの不安を抑えるためにも、手をつなげるというのは、大きな安心材料となるでしょう。

まだ、ご用意のないかたは、ヘッドライトをオススメしています。

 

 

種類の多さに、悩んでしまいますが、これにしました。

f:id:chikoken:20190306220758j:plain

 

また、もうひとつ、首からつるすタイプのライトも買っておきました。

こちらは、パナソニックから出ている商品で、とても軽い商品で、首から下げても苦ではありません。

黄色い部分はシリコン製となっています。

f:id:chikoken:20190306220803j:plain

ウォーキング時や、

夜帰ってくる塾帰りの子供たちに渡しておくのもいいかもしれませんね。

夜道の足元を照らしてくれますし、車、自転車のドライバーに対しても、注意喚起ができそうなので、安全面にも適しています。

 

 

なんせ、両手が使えることが、思っている以上に重要で快適なんです。

 

それぞれの特色を生かす

100均で買った、置き型タイプはトイレや、玄関の床に置いたりしています。

お風呂に入る際には、

コンビニのビニール袋に、この100均のプッシュタイプのライトを入れて、S字フックを使って、タオル掛けにつるしておきます。

そうすると、ビニールに入れることで、水ぬれを防止できますし、

プッシュタイプのLEDライトなので、小さいスイッチではなく、袋の上から、プッシュすることで、電源のオン・オフ操作ができるので、袋の上からでも、らくちんに操作できちゃいますので、オススメです!

 

スマホも使える!

iphoneなど、スマホのライトも便利なんですよね。

なので、スマホの充電がきれないように、意識しながら、生活をしていくのも大事になってくると思います。

 

スマホの機種にもよりますが、ライトが付いてるのはホント便利です。

私は、夜間、車の中などで落し物をしたときに、使うことが多いです。

 

 私は、常に、スマホ用の携帯充電器を持ち歩くようにしてるんです。

スマホの経年劣化で、電池の減りが早くなっているのもあるのですが、

停電になって、充電ができなくなったら、なすすべ無しになるのが嫌なので。

2回転程、充電できる大容量の充電器を買いました。

こちらも、ヨドバシカメラで購入です。

ライトに合った電池が必要!電池の種類に注意!

日々意識していることが大事となってきます。

災害時だけではなく、使う習慣をつけていれば、電池が無くなっていることにも気づけますし、意外と電池の交換の仕方が難しいものもあるので、慣れておく必要があります。

ヘッドライト、首からつるすタイプのライトは、それぞれ電池の種類が違いますので、

これら用に、電池のストックを買っておく必要があります。

同じ種類の電池ばかり、買いだめしていたら、いけませんよ。

需要に応じで、買い揃えてください。

そして、ライトを買って、安心してるだけでは、ダメなんです。

そのライトにあった電池をちゃんと調べていてください。

たまには、使って、壊れていたり、電池漏れがないかなどを確かめながら、使いこなしておくのが良いと思います。

 いざというときの応用編

電源の入ったスマホの上に、500mlの水の入ったペットボトルを置くとランタン代わりになるという情報がツイッター上に流れてきたことがあります。

それを、紹介されている画像もみましたが、応急処置には、良い程度の明るさだと思います。

ですが、わたしは、キャンプ用でも使えそうな、ランタンを購入しておきました。

360度周辺が明るくなるので、これは、リビングなどみんなが集まる場所で、活躍してくれそうです。

また、このランタンの置き場も、探す手間がないように、家族の目に付く場所に置くようにしています。

このランタンの光を、鏡で反射させて広範囲で使うこともできたり、工夫次第で、

可能性が広がります。

今一度、みなさんも、ライトの研究をされてみてはいかがでしょうか。