チコの満たされ研究所

100均、スーパー、食べること、DIY、通販ショップチャンネル購入などなど、ブラック企業社員でありながら満足感を求めて日々奔走

初耳スワッグとは昔で言うドライフラワーなの!?自作できるのか?

スワッグとはなんぞや


数ヶ月前に阪神百貨店にて、お花屋さんが臨時出店しておりました。

その時、とてもかわいい黄色のミモザが目に入り足をとめました

スタッフの方もとても親切で、お花に対しての愛が強い方で、珍しいお花を沢山扱っていて、私も初めてみるような植物もあり、とても興味を引きました。

 

 今風?スワッグ

f:id:chikoken:20190220215217j:plain


このお花屋さんでは、生花とともに、スワッグと言う乾燥したお花の束昔で言うドライフラワーのようなものだそうです。)

も販売されてました。

このスワッグが、このお花屋さんのゾーンでは、とても目立っていて、私の目に留まってしまいました。

生花も、町のお花屋さんでは、あまり見かけないような珍しいお花がたくさんあって、

ウキウキして、何分でも、ここの場所にいれるくらい、興味深いお花があり、

私にとっては、心のオアシスのような場所でした。

生花もとても好きなのですがこのスワッグは、とても色鮮やかに、お花の色が残ったまま乾燥されているのです。

昔、よくバラの花、かすみ草をドライフラワーにすることがあったのですが、

素人の私が作ったものは、茶色かかって、鮮やかとは言えませんでした。

しかし、ここのスワッグは色が綺麗で、とっても素敵なんです。

基本的に、珍しいお花を使って、スワッグにしているので、面白味があるんですよね~

 

お花だけじゃない

ここでは、お花だけを集めたスワッグだけではなく、

ユーカリの葉とかをドライにしていて、葉っぱものが多くとても目をひきます。

今まで、葉物中心で、乾燥されているようなものをあまり見たことがなかったので、かなり斬新なんです!!

昔のイメージではお花をメインに、ドライにする印象が強かったのですがここでは、あまり見かけない、珍しいお花や、葉っぱもののドライフラワーがとても多かったので、他のお客さんもたくさん足を止められてました。

ここでは、かわいらしい配色の花器もたくさん販売されていて、

店主のセンスがうかがえます!

東京の作家さんの作品とのことで、大阪での展示会はそんなにないので、出会った時が買い時とのことで、心を揺さぶられる言葉ですね~。

ご縁とのことでしょうね~。

 

お花で笑顔に

私も早速、気に入ったお花を買って帰りました。

お花ひとつ買うだけで、気分はウキウキしちゃうんです♪

家にお花を飾ると、部屋の雰囲気や、空気感が変わった気になるんです。不思議と。

なんでしょうね、爽やかな風がふくかのように、運気が上がるきがします!

また、部屋が明るくなり、女子力が上がるんです!!

お花のある生活、続けられたらいいんですが、なんせ生きたお花ですから、いずれ枯れちゃう。。。

すぐに買い替えなきゃいけない、となると、経済的余裕がない時期は非常にきびし~のが、実態です。

そこで、スワッグの登場です!!!

 

 

スワッグを安く作りたい

お手軽にスワッグを作れたらいいなぁと思い、自己流で作ってみることにしました。

生花も楽しめ、その後も楽しめるなんて、なんてお得★

 

 

スワッグを作るポイントとしてはまず、水分量の少ないお花を選ぶことがポイントです。


そして、お安くお花をゲットしたい。

リサーチしまくりました。

すると、大阪の駅ビルの地下では、安くお花を販売しているお店が点在しているとの情報をゲットしました。

 

そこで、大阪梅田の安くお花を売っているお店、梅田第二ビルの地下街に行ってきました!!!

ここはとてもお花が安く買えるんです!!

ユーカリの生花も300円と、とても安いので、テンション上がりまくりです。

仕事終わりの、サラリーマンも足を止め、お花を選んでおられました。

奥さんか、彼女に買って帰られるのかな~と想像すると、ホッコリしちゃいます。

人が人を呼ぶようで、ぞくぞくとお客さんが入って来られて、人気のあるお店でした。

 

今回は、ワレモコウというお花を買いました。

 

最初、花瓶に水を入れて、生花として楽しみます。

少しでも、元気に居てほしいので、花瓶の中に、少量の食器用洗剤を入れることもポイントであります。

こうすることで、水の中で雑菌が増えるのを抑える事が出来るので、お花が長持ちするんです。

とても簡単で、みなさん誰でも使える技なので、お試しください。

入れすぎ注意ですので、水の量に合った、洗剤を数滴入れてくださいね。

 

自己流スワッグの作り方

 

でも、いずれは枯れてしまいます。

そこから、スワッグに変身させていきます。

花瓶の水を抜き、乾燥させます私の自己流のやりかたは、これだけです!!!

束ねて、ひもで縛ったら、スワッグの出来上がり!!

なんと、簡単なんでしょう~(自己流ですが)

とても、満足のいく作品ができました。

 

あまりにも簡単なので、梅田の安いお店でたくさんお花を買って、

すべて、スワッグにして、飾っております。

 

生花の時は、お花のいい香りが、ふんわりと部屋に広がり、リラックスもでき、

心地の良い空間に変身し、お部屋の雰囲気もガラっと変わり、気分最高ですよ!!

 

お花を無駄なく楽しめるので、みなさまも、簡単ですから、是非一度お試しくださいませ。