チコの満たされ研究所

食べること、おでかけ、インテリアなどなど、満足感を求めて日々奔走

【ラッシュのドライミー】優秀なドライシャンプー知っていますか?水なしで簡単頭皮のリフレッシュ!

画期的なシャンプーがあります。それは水を使わない、パウダー状のシャンプー。

ドライシャンプーです!

そこで今回紹介するのは・・・ラッシュのドライミーです。

 

是非準備してほしいドライシャンプー

入院時や、風邪をひいたとき、災害時には、お風呂にも入れず、タオルで体をふくだけになることもあります。

もちろん、髪の毛なんて、満足に洗うことはできません。

 

真夏の時、汗をかいていたら、体さえキツイのに、髪の毛が数日間も洗えなくなると、匂いや、痒さが発生してきますよね。。。それはとても耐えがたいですよね。

そんなときに、このドライシャンプーというものが、便利に使うことができるんです。

 

f:id:chikoken:20190225230148j:plain

LUSH(ラッシュ)からでている、粉のタイプのシャンプーとなります。

ドライミーという商品です。

使い方

適量を手に取り、頭皮から髪全体になじませるだけという、とっても簡単なんです。

シンプルイズベストです。

もちろん、洗い流しません。そのままです。

なので、お肌の弱い方は、事前にこの商品が、自分の体質、肌にあっているか確認しておくことを、オススメします。

いざ、使わなくてはいけないときに、体に異常がでたら、大変ですから、必ずテストをしておいてくださいね。

 

私が、実際にこの商品を店頭に買いに行くと、店員さんが、最近よく売れるんですよ~。と、おっしゃっていました。

私のように、一家に1本、ストックしていくお客さんが多いみたいで、私が買ったお店では、ラスト1本でした。

私は、災害時にも使えるというのが、購入意欲が増したんです。

水を使えない環境で、大活躍するのではないでしょうか。

 

こちらの商品、もちろん、汗をかいた時や、髪の毛にボリュームを出したい時などにも使えます。

指先にパウダーを取り、頭を下げて、髪の根元にマッサージするようになじませると、

ボリュームがでます。

私は、時間が無い時は、直接ボトルを逆さまにして、頭に振って使うようにしています。

 夕方、ベタっとしていた髪にふりかけると、ボリュームがでていい感じになりますし、さっぱり、すっきりとして、気分転換となりリフレッシュができます。

髪先につけるよりも、頭皮に近い方が、ボリューミーになりますよ!

 

香りは?

グレープフルーツ、ライム等の柑橘系の香りがします。とても爽やかで癒されます。

汗ばんだ頭皮をすっきりさせてくれる、いい香りとなっております。

嫌いな方は少ない香りだと思いますが、念の為、店頭で香りを確認の上、ご購入をオススメ致します。

 

使い心地は?

まず、私の場合、本格的に使う前に、事前に自分の体質に合うのか確認しておきました。

頭皮が痒くなったり、湿疹がでないか、ちゃんと、チェックしたかったのです!!

※これ、大事なことですから、みなさんも事前に自分の頭皮で確認しておくことを、オススメ致します。

 

適量を取り、頭部の一カ所にもみこみました。

数時間たっても変化なく、

幸いな事に、私の体質には異常なし!

これで、安心して、被災した時も、思い切って使うことができます。

初めて使う商品なので、いつもより慎重になりますよね。

使い心地としては、べたついた頭皮が、サラっとするので、さっぱり爽快感が得られます。

体調がすぐれず、お風呂に入れないときなどには、もってこいの商品になると思います。

家庭に1本あると便利ですよ。

応用編

100円ショップで買った容器に小分けしてみました。

なぜかというと、汗をかいた時、階段を駆け降りたら、ムワっと自分の頭の匂いが確認できるときありませんか?

私、恥ずかしながらたまにあるんです。。。なので、人に会う前にトイレでササッとお粉を頭につけて、マッサージして、なじませておきます。

ベタついた頭も、さらっとして、良い匂いとなり、結構いいですよ!

裏技!!

他のワザとしては、パンプス等を履いて仕事場に行き、夕飯を、友達とお座敷でご飯を食べると、前もって予定がわかっていたら、会社で、パンプスの中にサササッと、このドライシャンプーのお粉を忍ばせておくんです。

黒い靴下の時は、要注意が必要ですよ!!

お粉の白っぽさがないように、しっかり、すりこんでいてくださいね。

黒い靴下の、つま先に粉がついていたら格好悪いですもんね。汗

そうすると、一日中会社で、パンプスを履いて、蒸れていた足の裏が、

スッキリしますし、匂いも気にならないので、お座敷が怖くないんです。

やはり、匂いもエチケットのひとつですから、マナーの一環として、気を付けたいですよね。

 

まとめ

 

入院されるときにも、入院グッズの一部として用意しておくのもいいですね。

入院経験があるのですが、毎日シャワーが浴びれません。

入れたとしても、使用時間が15分とか、制限されている場合もあります。

そいう時こそ、このドライシャンプーが役に立つと思います。

備えあれば憂いなしです。

 

夏の季節には、通勤だけで汗だくになってしまいます。

そんなときにササット、頭皮マッサージでスッキリしちゃいましょう。